2012/11/28

天のしずく

料理家であり、作家の辰巳芳子さんのドキュメンタリー映画「天のしずく」を観てきました。



食の大切さについて実感している今日この頃。
 
人間の体は食物と水でできています。
だから食べ物は大切。

でもそんな単純で簡単な事が忘れられているように感じます。

食材を選ばずただ安い物を求めたり
料理を簡単にするためお惣菜を買ってきたり
ファストフードで食事を済ませたり

そんなことが当たり前の世の中です。


「食は命」



味噌や梅干しを作ったり
甘酒や塩麹を作ったり
漬け物を漬けてみたり


最近はじめてみて、日本の食文化は本当に素晴らしいと気づきました。


どれもご先祖さまの知恵。


栄養もたっぷりで保存できて、凄いなあと改めて関心します。


これを子ども達へ伝え続けていくのは使命だと実感しています。


愛情込めて作った食事は子供の心に刻まれます。



作ってくれた農家さんに感謝しながら

愛するひとのために

手をかけた食事をつくる。



食は愛に溢れてる。




そんなことを、丁寧なことばで伝えてくれる映画でした。

メモしたい言葉が沢山ありました。

もういちどDVDで観たいです。



うみべのえほんやツバメ号

本日より始まりました。 フジワラフサコ作品展 うみべのえほんやツバメ号 2017.12/8(金)〜12/26(火)  10:00〜19:00 水木休み 昨日、搬入に行ってきました。 オーナーのひろみさんがお手伝いして下さりながらの作業...